地元の食材だけでなくお皿にもこだわりを @備前焼

春らしい季節どころか
最近は夏を感じるのは私だけでしょうか笑
いい天気が続き気持ちのいい津山市内です♪

 

今回は食材を求めてではなくお皿を求めてシェフ達と
旅をしてまいりました。

今回訪れたのは『松園』さん
岡山が誇る備前焼の窯元です

DSC05114.jpg

備前焼は登窯を使い焼き物を仕上げるため、毎回色や形などがその時の窯の状態によって変化します。まったく同じ物は出来上がらないのです。

DSC05099.jpg

同じ形は作れても置く場所、灰の被り方、温度によって全く表情を見せてくれます

IMG_20190514_233608_053.jpgIMG_20190514_233608_050.jpg

今回は『Steak&Wine Bocci』 で使用するお皿を探しに行ったので

Bocciの坪井シェフもしっかり使いたいお気に入りを見つけていました

 

 

IMG_20190514_233608_042.jpg

食材、空間、人、お皿も全て物語が存在します

私たちが手がけるものは私達にしかできない特別なものです
是非体感ください

 

 

 

————————————————————————————————————

THE HILLS HOUSE TSUYAMA
ウエディングフェア開催中!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中